iphone


iphone

現在のスマートフォン時代のパイオニア的存在であるアップル社製のiphone。画面を指で弾いたり叩いたりして操作するマルチタッチスクリーン方式は革新的で、
まさに次世代の携帯電話でした。 そんなiphoneのオリジナルモデルが登場したのは、今から約5年前の2007年1月。Macworld Expoというアップル製品の展示会で
発表されました。初代iphoneはGSM方式という日本では採用されていない通信方式だったため、日本国内で発売されることはありませんでしたが、2代目となる
iphone 3GからはUMTS方式による3Gに対応したため、日本国内でも使用可能となり、2008年7月11日に発売されることになりました。

その後、1年から1年半のスパンでiphone 3GS、iphone 4、iphone 4Sと次々に新機種が登場し、2012年9月21日には現在の最新モデルであるi phone 5が
発売されました。iphoneで使用するOSはアップルが開発・提供しているiOSです。元々はOS X iphoneと呼ばれていましたが、その後、iphone OSに変更され、
さらにバージョン4.0から現在のiOSという名称が使用されるようになりました。

日本でiphoneを販売している携帯電話会社はソフトバンクとauのみで、iphoneを販売していないドコモは一人負け状態が続いています。2013年2月7日に
電気通信事業者協会(TCA)が発表した1月末時点での携帯電話の事業者別契約数によると、ソフトバンクとauはiphone 5の売り上げの好調が続いているため、
ソフトバンクはプラス241,600件、auはプラス167,500件と契約数が伸びているのに対して、ドコモはマイナス12,900件となり、苦戦を強いられています。
これまでにドコモからもiphoneが発売されるという噂が幾度となく流れては消えていますが、今のところ正式な発表はまだありません。
ドコモがiphoneの発売に踏み切れない理由のひとつとして、iphoneにはこれまで日本国内で発売されていた携帯電話に搭載されている、

ワンセグ、おサイフケータイ、着うたなどの機能が装備されていないということが挙げられます。ただ、このような機能が使えなくてもiphoneの人気は根強く、
新機種が発売されるたびに勢いを増している現状を考えると、ドコモからiphoneが発売される日も近いのかもしれません。

▲ iphone TOP
アイフォン 買取 東京 買い取り東京 iphone 初期化 リセット 買取 スマートフォン スマホ 買取

Copyright(C) Mobilemobile Ikebukuro All Rights Reserved. iPhone 買取